井上 果子 (イノウエ カコ)


担当科目:

  • 社会調査法
  • 異文化理解と国際協力
  • 地域社会と内発的発展
  • 海外短期研修 ほか

学歴:

  • McGill大学 (Canada) 商学部 経済学優等プログラム (商学士)
  • Cambridge大学 (U.K.) 修士(経済学)
  • 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 博士(国際協力学)

職歴:

  • 外資系証券会社
  • 国際協力銀行(円借款部門:現JICA)
  • 国際協力コンサルタント
  • 東京大学大学院 新領域創成科学科 国際協力学専攻 客員共同研究員
  • 東京大学大学院 新領域創成科学科 サステイナビリティ学グローバルリーダー養成大学院プログラム 特任研究員

研究テーマ

「環境保全型・健康推進型農業農村振興による内発的発展の可能性」
「グローカル農村ビジネス事例研究」
  • 環境保全型農業の6次産業化や生態系の保全とその持続的活用など、持続的地域社会形成に向けた農村振興のあり方について研究する。
  • また、アジア新興国とつながる形でのエコ農産品や地場産業産品のグローカル農村ビジネス振興を視野に、グローバル化が進む環境の変化に地域資源や地域産業の可能性を見出す内発的発展実現への道筋を考える。
  • 南九州やアジア各地のフィールドに入り、地域にどのような資源、文化、社会システム等が存在するのか、地域社会の実態を把握し、内発的発展に向けた具体策を考え、実践していく。

受験生へのメッセージ:

学生の皆さんとともに、アジアなど世界を視野に、フィールド(地域社会)に入り、地域の自律的発展を目指していきたいと思っています。そのために必要な技術・知識・マインド・マナーを身につけるための実践教育や講義等を行います。具体的には、国内外のあらゆるフィールドにともに入り、様々な人々の視点や考え方に接し、地域の固有性や社会の構造等を把握しつつ、地域が抱える課題解決や地域振興への道筋や具現化の方法を考え、実践していきます。世界中の誰であろうと相手の考えを理解しようとする謙虚な姿勢や、自分で考え、行動し、失敗してもへこたれず、そこから学ぶことができる、しなやかさを備えた人材になってほしいと思います。